なでしこライフ

春先に“肌トラブル”が多くなるのはどうして?

「春の肌トラブル」の原因はこんなにある!

私たちの体や肌は、気温や環境の変化に関わらず、体温や新陳代謝を一定に保つように調節する働きがあります。
春先は気温が暖かくなるのに伴い、新陳代謝が高まり皮膚の血管が拡張し血液の流れが盛んになります。
その状態は湿疹の初期症状に似ており、春から冬にかけての気温や環境の変化をうまく調節できない人は肌がとても過敏な状態になり、ちょっとした花粉やホコリが肌に刺激をあたえ、肌トラブルを起こしやすくなります。

さらに詳しく

健康で美しい肌を取り戻そう!

肌を健康で美しく保つ秘訣は正しいスキンケアと、体の内側からのケアです。
肌は常にホコリや花粉、紫外線などの外的刺激にさらされています。特に春先は、乾いた強い風や花粉・ホコリなど外的刺激がとても多い時期ですので、しっかりと肌についた汚れをおとし、肌を清潔にし、化粧水・美容液などでしっかりと保湿し肌を整えることが大切です。いつもの化粧品が春先にはあわなくなる方もいらっしゃいますが、肌が敏感になるこの時期に化粧品を切り替える場合は十分に注意をしてください。 そして、正しい食生活や十分な睡眠をとり、体の中からも肌の機能を高めるように心掛けましょう!


さらに詳しく


北海道の気候と肌のお手入れ

南北に長い日本の気候は、四季の変化だけではなく、地域によっても大きな気候の違いがあります。
自分の住む地域の気候に合わせて肌をお手入れすることはとても重要です。
今回は北海道について紹介します。

北海道は世界の気候区分では「冷帯(亜冷帯)」に属し、日本では「北海道気候」と区分され、年間を通じて、気温と湿度が低く、四季がはっきりとしています。気温も湿度も低いので夏はとてもすごしやすい気候です。
しかし、肌にとっては年間を通して湿度が低いので、肌は乾燥しやすくなりますので保湿を十分に行う必要があります。特に本州では、湿度が高くなる夏場でも北海道は湿度が低いので、年間を通して肌を保湿すること心掛けましょう。



あとがき&次回予告
肌のお手入れって疲れているとついつい、手抜きになりがちですが、とても重要なんですね!正しいスキンケアを行い、健康で美しい肌で新しい季節を楽しみましょう♪次回は、女性の敵「紫外線」についてです。お楽しみに!


ビューティーQ&A
Q 肌が粉ふきイモのように白くカサついて、さらに皮がむけています。
どんなケアをしたらいいのでしょうか?(タカコ 38歳)
A 粉をふいているような肌は、乾燥でバリア機能がかなり低下している状態です。 まずは洗顔で肌を清潔にし、しっかり保湿を心がけてください。
肌がかなり弱っている状態ですので、低刺激の化粧品に切り替えることも考えましょう。肌の炎症が強いようでしたら皮膚科で相談してみましょう。また、めくれている皮を無理やり剥がすことは厳禁です。


プロフィール
なでしこライフバックナンバー